個人的おすすめ夏アニメ映画2018 あなたはどれを観る❓ どれも観たい‼

N157_massuguhimawari_TP_V

本格的な夏到来!そして夏休みももうすぐ!

というわけでこの夏公開のアニメ映画 個人的おすすめ紹介。

連日うだるような暑さにうんざりですが、そんなときは涼しい映画館でさわやかな「心の汗」(さむっ)を流しましょう!

行くまでが暑いって?んなもんくらい我慢しろやあ! すみませんでした。暑さのせいです。

スポンサーリンク


劇場版ポケットモンスター みんなの物語

https://youtu.be/YGdW_1djIaA

まずはこれでしょう。この夏一番の人気作間違いなし。
人気アニメ「ポケットモンスター劇場版第21作です。テレビシリーズとは全く関係ないサトシとピカチュウの新たな冒険物語。この辺は「ドラえもん」パターンと同じですね。新しい仲間たちとの出会いや、バトルだけでなくそれぞれの悩みや人間ドラマに比重を置いたまさに大人も子供も楽しめる娯楽作品となってます。

すでに公開されて1週間がたとうとしてますが既に“ぴあ映画初日満足度ランキング”では一位を獲得。夏休み前にもかかわらずやはり人気は高く、家族連れに交じって肩身の狭い思いをしながら観てきました。

監督は、テレビ東京開局50周年特別企画のひとつであるテレビシリーズ「ポケットモンスターXY」の監督を務めた矢嶋哲生氏。過去20作品で監督だった湯山邦彦氏はアニメーションスーパーバイザーとして参加。他にもスタッフを大幅変更しまさしく「新たなポケモン」を印象付けてます。

ストーリー的にも今までの「ポケモン出てりゃOKだろー?バトルだろー?ピカピカ―!終わり」みたいな(失礼)いかにも子供向けなものでなく、キャラクターそれぞれの悩みや葛藤にスポットを当て、しっかりと「観れる作品」づくりを心掛けてるようです。

ただ新キャラが多い分、それがかえって「詰め込み感」がでてしまってる気もしなくもありません。畳みかけるようなストーリー展開に子供さんがついていけるかどうか。まあ子供さんたちはそんなもんどうでもいいかもしれませんがね。

本当に、一緒に観に来る親御さんにも楽しんでもらおう的なものを感じます。絵もきれいで、実に安定感がありますね。まあ大人が無理に行く必要はありませんが(笑)、行けば確実に楽しめます。やはり人は多いし当然子供も多いので、「やかましい」のは事実。まあ仕方ないでしょう。でも映画としては十分満足できる作品だと思います。

2018/07/13(金)より全国の映画館で上映中。

公式サイト  劇場版ポケットモンスター みんなの物語   

未来のミライ

「未来のミライ」予告2

「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」などをヒットさせ、「新海誠」さん、「宮崎駿」さんらと並びすっかり「オタク以外でも観れる日本アニメ(笑)のヒットメーカーとなった「細田守」監督による、第5作目の長編オリジナルアニメ映画。

主人公は甘えん坊な4歳児の「くんちゃん」。妹ができ、両親からの愛情を独占できなくてすねるくんちゃん。そんなくんちゃんのまえに、くんちゃんのことを「お兄ちゃん」と呼ぶ不思議な少女「ミライ」が現れる―。

細田監督も「制作発表記者会見」で、この映画を「自分自身のチャレンジ」と語っています。

「4歳の子供の目線を通じて、僕たちが生きている世の中を新鮮な気持ちで見返したい」「彼らの目線から“人生”という大きなテーマを見るとどうなるか。そこから見つめ直せば、世界の新たな面白さが発見できるのではないかと思いました」

細かなストーリーは不明ですが、予告動画を見ると実に不思議な世界観がそこにあります。しかしそれはあくまで4歳児からの目線であって、ふつうの大人から見れば当たり前の世界が、子供の目で見るとこうなるという、誰もが持つ原体験を呼び起こされるような作品かなと。

ただこの手の映画には結構批判的な意見もあり、「子供や動物出しゃーいいんだろ」的な匂いを感じる人も少なくないです。私も実はけっこうそう思ってる一人。

試写会を観た人の感想は賛否両論だったそうです。

心が汚れてると言われればそれでおしまいですがね(笑)。小さな子供のいる家族連れとか結婚を控えてるカップルとか、楽しめる人を限定しそう。ポケモンは一人で行くのに勇気は要りませんがこちらは一人でいくにはちょっと・・。私の勝手な思い込みですが。

あまり冒険せずそこそこの感動を味わうにはいい映画かもしれません←イヤな言い方(笑)。

まあ「サマーウォーズ」は好きだったし基本的には嫌いじゃないんですけどね‥こういう世界観。ハマれば面白いものになると思うのですがさて。

公開日 2018/07/20(金)

公式サイト 未来のミライ

スポンサーリンク


僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~

【予告】『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』/8月3日(金)公開【入場者プレゼント付き】

週刊少年ジャンプで2014年から連載中で、2016年からTVアニメにもなった人気漫画の待望の映画化。

「ドラゴンボール」「ワンピース」など歴代の人気作品に通じる、少年ジャンプの伝統芸「友情・努力・勝利」を地で行く、ザ・王道少年漫画。でも最近はこの中の「努力」というものが少年漫画からなくなってるような気がして残念に思っていました。

ある評論家などは『今の子たちは「努力」なんてダサい、メンドくさいと考え、マンガの中でさえ「あっという間に強くなる」とか「平凡そうに見えて実はスゲエ奴」の物語を好むようになった』と語っていました。

つまり以前は強くなったり成長する「過程」を楽しんだもんだが今の子はそんな「過程」などすっ飛ばしていきなりスゲエことする奴を好きになると。

「過程」好きの私としては「実に嘆かわしい‥」と思っていましたが、この「僕のヒーローアカデミア」の主人公 緑谷出久(みどりや いずく)通称「デク」は、8割の人間が何らかの「個性」をもって生まれる世界で全く何のとりえもない「無個性」で生まれた、むしろ今では逆に新しいタイプ。

そんな主人公が今までに様々なヒーローを輩出してきた名門、雄英高校に入学し一人前のヒーローを目指して成長する姿を描く。

全く持って直球ど真ん中、松岡修造真っ青の「熱血青春少年漫画」。

そんな作品の初映画作品。さぞかし映画館は熱気ムンムン、暑い真夏をさらに熱くすること間違いなしです(笑)

公開日 2018/08/03(金)

公式サイト   僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~

長くなるので続きます。

スポンサーリンク


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする