仕事でも自分の漫画でも!覚えておくと超便利! 髪のツヤベタ 描き方

ベタ1

今回はアシ仕事でも任されることの多い(というか作家さんはまずやらない)、キャラの髪へのツヤベタ作業についてです。

覚えて応用が利くようになれば自分の漫画でも使え、見栄えもグンと良くなるのでぜひマスターしましょう。

髪のツヤベタ 基本

スポンサーリンク



まず、使う道具ですがアナログの場合は当然「筆ペン」を使って描きます。市販されている筆ペンでも種類はたくさんあるのでいろんなものを実際使ってみて自分に合うもの、使いやすいものを見つけましょう。仕事場で使う場合は現場に用意されているものがあると思いますが、それが合うとは限らないので他の道具と同じように使い慣れているものを持参するなどして対応します。

個人的に自分がよく使ってたのは「ゼブラの筆ペン」の「小筆」ってやつですね。ゼブラもいろいろ筆ペン出してますが他のは合わなかった。カートリッジ式のとか使ってみたけどダメでしたね。筆を紙に置いた時の「しなり」というか「反動」が強すぎても弱すぎてもダメ。たかが「筆ペン」されど「筆ペン」です。

まあもちろんなんでも使えればそれに越したことはないんですが、慣れないもの、使いにくいものをいつまでも使ってるより「これ」というヤツを早く見つけた方がいいと思います。(とか言ってると突然「生産中止」とか言い出すメーカーもあるので注意が必要ですが。一時期修正液の「ミスノン」が製造中止になるとか噂が立って、買い占めてた作家さんがいましたね‥。漫画でしか使わなそうな道具はデジタルの普及により結構売り上げ的にも打撃なんじゃないかな‥と余計な心配)

さて ツヤベタ描き方のコツですが 基本は図Ⓐのように筆ペンをゆっくり紙の上に置き、だんだんと線を太くして最後はまたスッと抜く。

図Ⓐ

ベタ

その線を重ねながら増やしていって、その間の白い部分が白ツヤとなることで髪の「テカリ」を表現します。図Ⓑ

図Ⓑ

ベタ1
ここで「命」となるのがこの白い部分の「抜け具合」です。ここをしっかり綺麗に抜くことでツヤが出ますので、しっかり最後まで気を抜かずきれいに仕上げましょう。慣れてない人や下手な人は、何本も何本も線を重ねることに飽きてしまい、途中がぐちゃぐちゃになったり太くなったりするのでここは根気が必要です。単調な作業で嫌にもなったりしますが何とか集中を切らさないで描く訓練をしましょう。

慣れてきたら、細かく短い線のブロック、太く長い線のブロックなどを交互に描き分けることでメリハリをつけます。あと上下のギザギザの幅などを大きくすると同じ線の繰り返しよりも、より「テカリ感」が出ます。図Ⓒ。

図Ⓒ

ベタ2

男性キャラ編

では実際にキャラにベタを入れていきましょう。

まずツヤベタを入れたい箇所にこのようにアタリを入れます図Ⓓ。見本では光が真上からきている設定ですが、光源がどこにあるかをきちんと踏まえた上でアタリを入れましょう。

光の当たってる方は当然白い部分が多めになります。

図Ⓓ

ベタ10

顔の丸みの縦横を考えながら入れていきます図Ⓔ。

図Ⓔ

ベタ3

スポンサーリンク


一口にツヤベタといっても今は様々なバリエーションがあります。作品の雰囲気もベタの入れ方でずいぶん変わってきます。

髪の立体感を表現したツヤベタ 図Ⓕ

図Ⓕ

ベタ4

光と影のコントラストを強調したツヤベタ 図Ⓖ


図Ⓖベタ6

ファンタジー系漫画の主人公にありがちなツヤベタ  毛先の跳ね具合が特徴的 図Ⓗ

図Ⓗ
ベタ7

女性キャラ編

続いて女性キャラです。

女性キャラは当たり前ですが男性キャラより基本髪の量が多く、ベタの入れ方にこだわり持ってる作家さんも多いので難しい場合があります。しかし基本を押さえて慣れれば自分の作品に応用も効くので頑張ってマスターしましょう。

女性キャラのツヤベタの基本はやはり女性特有の髪の細さや柔らかさを表現できるかどうかです。ツヤの白い部分を細くすることで髪の細さを表現します。そしてロングヘアだと必然的に一本一本ストロークが長くなるので綺麗な線を引くのは練習がいります。図Ⓘ

図Ⓘ

ベタ8

腰まであるようなロングヘアだと毛先の流れや物の上に乗っかって曲がってる部分をツヤで表現します。図Ⓙ
図Ⓙ
ベタ9

以上、基本的なことですがツヤベタについてでした。いずれの場合もとにかく練習あるのみです。最初は難しくても練習すれば必ずできるようになります。あとは上で書いたようにとにかく途中で面倒くさくならないこと。ゆっくりでいいから丁寧に描くことを心掛け、その気持ちを持続させること。

コツがわかればスムースに短時間で描くこともできます。頑張ってください。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする