フリーランスあるある&岸本斉史氏少年ジャンプ新連載情報 など

blog2 イラスト 漫画

 

blog2

 

お金をくれると言うのに、断れるはずありません。

 

 

それはそうと、「春の新連載攻勢」がそろそろ始まりますね。

 

まずは前作「ナルト」が終了してから4年半ぶりの新連載を始めることが話題になった岸本斉史さん。タイトルは『サムライ8八丸伝』

 

ただしこちらの漫画、岸本さんはあくまで「原作」としてかかわるだけで、作画は大久保彰さんという方が担当するそうです。

 

この大久保さんて方はどういう方なんだろうと調べたらやはり岸本さんの所で働いていた元アシスタントさんでした。『魔法使いムク』他、読み切り作品は載ったことのある方ですが、連載は初めての様ですね。絵柄は「昔の岸本さんソックリ」ではあると思います。

BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-のパターンと同じですね。もう岸本さんは自分では描かないつもりなんですかね。

こうやって、作家さんが自分の所のアシスタントを使って新連載や読み切りを描くというのはままあります。自分で描きたいが時間がない場合や、時間はあるが本人があまり作画意欲がない場合(笑)、同じ新人でも知らない人に描かせるよりは勝手知ったるアシスタントに描かせた方がいいんでしょう。気心も知れてるし、何より「言いたいことが言える」(笑)。これが一番かな。

 

ただファンの間では「岸本さんの絵が観たいのに」という声も上がっています。まあしかし、始まってしまえばきっとみんな読むでしょうね。私も読んでみたいと思います。

ただいつ始まるかは発表されていません。2019年春と言われているだけです。まだもう少し先の様ですね。

 

 

 

あと次週3月4日からは野々上大二郎さんによる「最後の西遊記」、3月11日からは椎橋寛さんによる「神緒ゆいは髪を結い」が始まります。

 

野々上大二郎さんは2013年に「無刀ブラック」という漫画を連載してた人です。ちょっと懐かしい!と思っちゃいました(笑)。

 

 

椎橋寛さんは、さらに懐かしい「ぬらりひょんの孫」を連載してた方。でも、こちらはタイトルだけではどういう漫画なのかよくわかりません(笑)

女性キャラを描くことには定評のある方なので、紙上に載った予告カットで、すでに期待を膨らませているファンもいます。

 

いずれにせよ楽しみな作品たち。連載が始まったらこのブログでも取り上げてみたいと思います。ただの感想だけでは面白くないので、「このブログならでは」の見方もしていきたいと思っています。

 

スポンサーリンク


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント