マンガ大好き アニメ大好き まずはアシスタントやってみる?

アシ2

お仕事としてのマンガ

あなたは、マンガが好きですか? 私も好きです。

そして読むだけじゃなく描くのも好きですね?

ひょっとしたら将来、プロの漫画家になりたい夢を持ってますか?

スポンサーリンク


でも現場の事知らないしプロの仕事場って、どうなってるんだろ・・。自分の作品仕上げて、それが認められて連載・・が一番の理想だけどなかなかそう簡単にはいかない・・。

そういう人がまず経験する仕事、それが 漫画アシスタントです。

このサイトは、これからアシスタントをやろうと思ってる、でも何もわからないから不安・・。そんな人に、

漫画アシスタントとはどういうものか

どうやればなれるのか

心構えや用意する物

などわからないことをできるだけ具体的に説明していこうと思っています。

「アシスタントなんてやらねえよ!俺はすぐマンガ家になって売れっ子になってやる!」って人は・・頑張ってください(笑)。

情報はたくさんあるけれど・・

初めての時は、誰でも怖いものです。私も数年前まで実際アシスタントをやっていて、様々な仕事場にお邪魔していろんな作家さんや編集の方をお会いしてきました。

その数はそこらの人には負けない と思います。なんの自慢にもなりませんが(笑)。

本当にいろんな経験してきたと思います。辛いことや悔しいこと、たくさんありました。その中でやはり、自分がアシスタントを始める前に知っていれば良かったことや出来たほうがよかったこともあります。

当時の私はとにかく「やってみなけりゃ始まらない」精神で飛び込んでました。今でも別にそのこと自体は悔やんでおりません。

作家さんもたくさんいらっしゃいますし、仕事の進め方もその仕事場それぞれで「これが正しい」というものはありません。

それこそ今はインターネットSNSでいろんな情報が仕入れられる時代ですが、逆にだからこそ「どれを信じればいいのかわからない」という状態なので、勇気を出して飛び込んでみるのは、悪いことではありません、

だけどそれでも、最低限知っておいたほうがいい情報はあります。車の運転を覚えたいのに、ハンドルやブレーキの機能を知らないで自動車学校に行く人はいないと思います(存在するかどうかも不明ですが・・(笑)。

それも、うまくいった人より失敗の多い人から情報を得たほうが、いいのではないかと思います。

私は、そこそこキャリアも長くたくさん失敗もしてきました。 お恥ずかしい話ですが、そういった失敗談がみなさんの助けに少しでもなるなら失敗した「かい」があるというものです(笑)。

質問も受け付けてますので、みなさんが気がついたことや聞きたいことがあればわかる範囲でお答えします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする